最近クラウドというインターネット環境におけるサービスが拡がっていてその事について、個人的な考察の記事です。

インターネット環境のクラウドとは
Pagelist
インターネット環境のクラウドとは

インターネット環境のクラウドとは

最近インターネットでクラウドを活用することが増えてきました。クラウドというのは雲という意味だそうです。つまりクラウド=雲にさまざまなデーターを保管管理するというものです。クラウドに写真画像や動画データ、office関連のファイルを保管管理することが出来、バックアップすることが出来るようです。そしてバックアップだけが目的なら自前で外付けHDDなどで保管管理すれば良いと思いましたが、クラウドのすばらしさはクラウドへアクセス出来るスマートフォンやノートパソコン、タブレットなどが手元にありインターネット環境にあればどこにいてもそれらを確認閲覧することが出来るということだと思います。ということは、このクラウドへアクセス出来る環境を持っていれば複数人でさまざまなデーターを共有出来るということです。

複数の人間で共有出来れば、家族やグループなどの記念写真や動画の画像をいちいちプリントアウトやDVDに焼いたりして配布する必要もなくなり共有しているクラウドへ個々でアクセスし好きなときに閲覧することが出来るようになります。会社などの活用法では、共有の必要のある資料やプロジェクトの進捗などをクラウドで管理することにより共有することが出来ます。

クラウドというと難しく考えていましたが、調べてみるとwebメールといわれているいわゆるフリーメールなどもクラウドの一種だと言うことです。webメールもサーバーに保存されているため、インターネット環境があれば外でも確認することが出来ます。それ以外にもメモをクラウドで管理するアプリケーションや予定表の管理をするアプリケーションなどがあります。とはいえ、個人的にはノートパソコンやA4サイズのタブレットだけなら持ち運びが不便なため、ここまでの恩恵はなかったと思っています。スマートフォンという常に携帯している機器によりいつでもインターネット環境に繋がることが出来るようになり活用度が拡がったと考えます。今後ますますクラウドの重要度が増すと考えられ個人的にも活用していきたいと思います。

Copyright (C)2014インターネット環境のクラウドとは.All rights reserved.